テストページ

koji

function imgNewWindow(){

var divContent = document.getElementById(‘content’);
var linkTag = divContent.getElementsByTagName(‘a’);

for(var i=0; i<linktag.length; i++){=”” var=”” attr=”linkTag[i].href;” point=”attr.indexOf(‘uploads’);” if(point=”” !=”=” -1){=”” linktag[i].target=”_blank” ;=”” }=”” function=”” addeventset(elm,listener,fn){=”” try{=”” elm.addeventlistener(listener,fn,false);=”” }catch(e){=”” elm.attachevent(“on”+listener,fn);=”” addeventset(window,”load”,function(){imgnewwindow();});=”” <=”” p=””></linktag.length;>

OUR MISSION

障害の気づきの段階からお子さま、ご家族さまの気持ちに寄り添い、様々な経験を提供することで「こころ・からだ・まなび」の健やかな成長を目指します。

プロジェクター

 
 れいんぼうでは、超短焦点壁掛け式のプロジェクターを導入しています。ほぼ真上から投射する「超」短焦点モデルなので超斜面の近くに人が立っても影ができにくく、投射面が目に入り眩しく感じることもありません。
 100インチの大画面を活用して、視覚的にわかりやすく活動内容を示し、体操や○×クイズなどを行っています。また、デジタルホワイトボード機能とタッチセンサーユニットを備えており、スクリーン画面の壁に直接、指で絵を描く事もできます。壁一面のキャンパスを使って楽しくお絵かきなどの創作活動を行います。
 コロナ禍で他県に行きづらい、蜜を避ける状況でも、他県の方とオンラインでつながり交流をする、経験、興味の幅を増やすことを目的としています。

LOVOT

 最先端テクノロジーから生まれた家族型ロボットLOVOT(ラボット)。名前はらぶちゃん。触ると柔らかくてあったかい、コミュニケーションを求めるらぶちゃんが、心を育み、テクノロジーと楽しく過ごす”ことは好奇心の芽を育む何よりの経験です。そして、らぶちゃんはプログラミングもできるんです。

運動療法

遊びから学ぶ感覚統合

 自覚しにくい3感覚(前庭覚=揺れや回転、重力や加速度に反応する感覚、固有受容覚感=筋肉や関節によって自分の身体の位置や動き、力の入れ具合を感じる感覚、触覚=皮膚または粘膜の表面に何かが軽く接触したときに感じる感覚)をお子さまのやりたい気持ちをもとに、遊びの中で身体を動かし感覚入力することで、情緒的安定、手先の巧緻性、姿勢調整等、苦手な部分の改善を目指します。

 れいんぼうでは、トランポリン、ボルダリング、ジャングルジム、ターザンロープ、バランスストーン、鉄棒、バランスボール、パラバルーン、ボールプール、ハンモック などを準備しています。  例えば、ボルダリングは腕、指、足、肩、体幹の筋力アップができる全身運動です。小さなホールドの上でバランスを取るため、バランス能力向上にも効果があります。  れいんぼうでは、登る目標を定めそこに貼ってあるステッカーを取る、降りてからマッチングをするなどの活動を行い、楽しみながら運動をしています。日々のできた!の達成感が自己肯定感につながり、情緒の安定、他の活動への意欲、やる気につなげることが目的です。また、お子さまの体幹を鍛えることで、姿勢が良くなる、ケガをしにくくなるという効果も期待できます。

.anim-box.zoomin.is-animated { animation: zoomIn 0.8s cubic-bezier(0.25, 1, 0.5, 1) 1 forwards; } @keyframes zoomIn { 0% { transform: scale(0.8); opacity: 0; } 100% { opacity: 1; transform: scale(1); } }

児童発達支援事業所とは

児童発達支援事業所とは、心身の発達において療育を必要とする未就学のお子さまが、安心して日常生活を送るために支援を行う通所型サービス事業所です。主に日常生活での基本的な動作の指導から、必要な知識や技能の習得、集団生活への適応訓練等などを行います。

成長が遅い木は、最高の実をつける。

— モリエール

 運動療法
Ogawa Kazumasa

 自覚しにくい3感覚(前庭覚=揺れや回転、重力や加速度に反応する感覚、固有受容覚感=筋肉や関節によって自分の身体の位置や動き、力の入れ具合を感じる感覚、触覚=皮膚または粘膜の表面に何かが軽く接触したときに感じる感覚)をお子さまのやりたい気持ちをもとに、遊びの中で身体を動かし感覚入力することで、情緒的安定、手先の巧緻性、姿勢調整等、苦手な部分の改善を目指します。

Cherry Blossom
Ogawa Kazumasa

れいんぼうでは、トランポリン、ボルダリング、ジャングルジム、ターザンロープ、バランスストーン、鉄棒、バランスボール、パラバルーン、ボールプール、ハンモック などを準備しています。

例えば、ボルダリングは腕、指、足、肩、体幹の筋力アップができる全身運動です。小さなホールドの上でバランスを取るため、バランス能力向上にも効果があります。

登る目標を定めそこに貼ってあるステッカーを取る、降りてからマッチングをするなどの活動を行い、楽しみながら運動をしています。日々のできた!の達成感が自己肯定感につながり、情緒の安定、他の活動への意欲、やる気につなげることが目的です。また、お子さまの体幹を鍛えることで、姿勢が良くなる、ケガをしにくくなるという効果も期待できます。